スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(65) パルが行方不明に ー。

本文に入る前に ー。

この度、下記のサイトに、当ブログを補助していくためのページを開設しました。
急遽、そのようにしたのには理由があります。


最近、「キャプチャーされる日々」というブログが、閉鎖されました。
それに関して、ブログの運営者である「たつ」さんから、依頼されていたことがありました。

その詳細を、下記ブログに記載しました。
もし、お時間がありましたら、御訪問いただければ幸いです。


「海辺の町から」
http://blogs.yahoo.co.jp/marukorin08          
                 




**********************************************



D 様


連日の猛暑が、気まぐれな休暇でも取ったのでしょうか・・?、
陽射しのない、柔らかな空が広がっています。

動かない空気の中、木々は静謐に佇み・・・
地面を這う雑草は眠ったかのように密やかです。

遠く聞こえるミンミン蝉の声
時折の子供の嬌声

夏が旅支度を始めているような、静かな午後 ー。
時が音もなく流れています。





D様 ー。

飼犬のパルが、いなくなりました。
今日で4日目になります。


16日の朝 ー。
私は、朝食の支度をしていました。

その時分になると、パルはいつも吠え始めます。
繋いである犬小屋から、居場所を移動するよう要求するのです。
その要求に応え、夫が、別棟の事務所の側か、裏庭のどちらかに連れていきます。
それが、朝食前の夫の日課になっています。


その日 ー 。
朝食の用意が整い、食卓に付いた時、

「そう言えば、今朝は、パルがおとなしいわね。」
「珍しいよな。夏バテかな?」

私と夫は、そんな会話をしましたが、特に気にすることなく、朝食を摂り始めたのでした。。


そして、朝食後 ー。
夫は、別棟に行くために外に出ました・・が、すぐ戻って来ました。

「おい、パルがいないぞ。」


パルがいない?
私は、すぐ犬小屋に行ってみました。

「ロープが切れたわけじゃないんだよ。留め具も付いたままだし・・・。」

夫は、ロープの端を持ち、不可解な顔をしていました。
それは、誰かが外した ー そう考えざるを得ない状況だったのです。

誰が・・・?

私の表情に不安の色を見たのか、
「そのへんで遊んでるんじゃないのか? 間もなく戻って来るよ。」
夫は、それを振り払うかのように言うのでした。

そうかも知れない・・・。
束の間の自由を満喫したら、帰ってくるはず ー。
以前も、こんなことがあったけど、ちゃんと戻って来たのだから・・。

私は、パルが帰るのを待つことにしました。

しかし、
パルは昼になっても、戻って来ませんでした・・・。
初めてのことでした。


「ちょっと、その辺を見て来るよ。」
夫が、付近一帯を捜すべく、車で出かけて行きましたが ー、
見つけることが出来ないまま、小一時間ほどで戻って来ました。


私は、役場の担当課に電話をしました。
そして、保護された犬はいないかと、尋ねたのです。
「昨日も今日も、保護した犬はいないですよ。」

パルは、不自然な状態でいなくなってしまいました・・・。


私は、警察に届けることにしました。
先週に続き、また、通報する羽目になったのです。

やがて、パトカーで2名の警察官が、やって来ました。
歳は、50代半ばと、40代前半といったところでしょうか ー。


「犬が、いなくなったということですが・・。」

私は、昨夜からの状況を説明しました。

昨夜11時半頃、私は、裏庭にいたパルを、犬小屋まで連れて行き、そこに繋ぎました。
パルは、私に素直に従いましたが、犬小屋には入らずに、草むらに座ったのでした。
私は、蚊取り線香を炊いてやり、頭を撫でてから家に入ったのです。

そして、翌朝の8時頃に、パルが居ないことに気付き・・・。


私は、警官たちにそれを話しました。

それと ー 、
パルは以前から、夜中に急に吠え出すことがあったこと、
誰かがエサをやった形跡が、頻繁に見つかっていたことも ー 。


その後、私は警官たちに、犬小屋や留め具などを見てもらいました

しかし警官は、以外なことを言うのでした
「・・犬が、自分で外したことも考えられるよね。」

犬が自分で?・・・まさか。
「犬がこの留め具を、どうやって外すんですか?」
「首を動かしたりしているうちに、外れたりすることもありますよ。」

犬が首を動かせば、留め具が外れると・・・?
有り得ないと思いました。

「しっかり留めて置きましたし、それはないと思いますよ。」
「でも、誰かが外すのを、見ていたわけじゃないでしょ?」
「もちろん、見てません。」

見ていたら、その場で止めるし、居なくなることもないでしょうに・・・。

でも、警官たちは、
「見ていないなら、誰かが外したという断言は出来ないよね。」

なんという屁理屈・・・。
以前来た二人と、同様の対応です。

私は反論しました。
「犬が自分で外した ー という可能性は、否定しません。しかし、それは、0コンマの後に、また0が付くパーセンテージでしかないと思いますよ。状況を見れば、誰かかが外したと考えるのが妥当だと思います。」

「犬が外した例もあるんですよ。」
「それは、驚きですが、そんなに頻繁な例ではないでしょう?」
「でも、誰かが外したのを、見ていたわけじゃないんだから ー。」

「例えばですね。人が死んでて、首に締められた痕があって、傍にその痕跡と一致する紐が落ちていたら・・・
 状況は、殺人事件ですよね。見ていなくとも、誰かに殺されたことは明白でしょ?」

余程の「ぼんくら」でもない限り、そう推測しますよね。見ていなくても ・・・の言葉は、呑み込みました。

百歩譲って、パルが自分で外したにしても、暫くしたら帰って来るはずです。
逃げたとか、逃がしたというよりも、連れて行かれた ー と、考えざるを得ないのです。

連れて行かれた・・・。
もう、14歳にもなる雑種犬を、連れて行く理由は何なのでしょう?
嫌がらせなのか、犬が邪魔なのか ー。


「しかしね、人の家の犬を、何の為に逃がすの?」
警官は、あくまでも「誰か」のせいには、したくないようでした。

「それは、犯人に訊いて戴くしかありません。ただ、今までのことを考えると、犬に吠えられるのが嫌な人 ー という推測が出来ると思います。」

家宅侵入するにせよ、家の回りに水を撒くにせよ、花を折るにせよ、雨戸に糞便を擦り付けるにせよ、
敷地内に釘をバラ撒くにせよ・・・犬が居なければ、吠えられることはありません。

今までは、吠えられれば、エサを与えて黙らせて来たけど、
居なければ、それに越したことはないはずです。

私は、先日の網戸が破られた事件も話しました。

すると、若い方の警察官は、プロとは思えない言葉を発したのでした。
「そこの錠を外すためねぇ・・・でも、そこに錠が付いていると、外からは分らないでしょ。何で分ったのかね。」

私は、ひと呼吸を置いて言いました。
「サッシ戸を外す時に、どこに引っ掛かって外せないのか、分りますよね。」
「分るかなぁ・・」
「分ったから、網戸を破って、錠を外したんでしょ?」


若い方の警官と私が、網戸のところで、そんな話しをしている間に、
年配の方は、事務所にいた夫に、話を聞いて居たようでした。

夫は、ありのままに状況を説明しました。
以前から、犬にエサを与えている者が確かにいたこと ー 、
2年ほど前は、夜中に犬小屋の前に男がいたことー。

夫と話した年配の方の警官は、徐々に、犬が逃がされただけの事件ではないと、分って来たようでした。
「分りました。・・・が、今のところ、もう少し様子を見てもらうしか無いですね。」

私は ー、
「もし、パルが帰って来たら連絡します。」
ただし、帰って来なかったら、再度、相談させて戴きます・・・。
そして、以前に通報した件と共に、すべて記録をして置くように、お願いしました。

「相談係がいますから、そちらに報告しておきます。でもね、記録は3年間だけ保管して、その後は廃棄となりますよ。」
「3年間?」
「法律で決められていますから ー。」
「法律で・・?」

D様 ー。
私は、そんな法律があるとは、知りませんでした。
何の為にでしょう・・?

例えば、相談したことが事件に繋がった場合、その記録は、捜査上の貴重な資料となるはずです。
それを、たった3年で廃棄することが定められている ー と言うのです。


私は、憂鬱感の中、パトカーを見送ったのでした・・・。





D様 ー。

私は、ここまで気力を振り絞って書きました。
パルのことが、頭から離れません。

戻ってくる・・・。
そう自分に言い聞かせています。

しかし、時に胸が熱くなり、大声でパルの名を呼びたい衝動にかられ・・・、
不安と焦燥、そして、悲しみと怒り ー。

寄せては退いて行く、感情の波の中で、無力感にさいなまれています。


今、少し疲れています。
前回に予告した「公安Kに付いて」は、次回に書かせて頂くことをお許し下さい。



D様 ー。
私は、今回の件を乗り越えて見せます。
あなたへの手紙を、途絶えさすことはありません。
書き続けます・・この卑劣な組織犯罪がなくなる日まで ー。




猛暑は、まだ暫く続くとか・・.
どうか御自愛下さいますよう ー。



2010.8.19
万 留 子



人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

あんずさんへ

パルのことを御心配下さいまして、本当にありがとうございます。
頭から離れないのですが、フッと帰って来るような・・そんな気がしてなりません。

この組織犯罪の悪辣さは、もはや人間のすることではない領域に達していると思います。組織としては、正気を失っています。あんずさんが仰るとおり、被害者はできる限りネットワークを構築し、情報交換を密にする必要があると思います。

また私は、マスメディアなどに被害を訴え続けることも重要だと考えています。短い言葉でいいから、発信をするべきだと ー。それは、私も実行しているところです。

この凄まじい人権蹂躙に、被害者は怒りを持って訴え続けなければなりません。
その「怒り」は、必ずや、この犯罪を暴いていきます。

どうか、また、コメント下さいますよう ー。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

紗綾香さんへ

コメント、ありがとうございます。
今回、紗綾香さんがお書きになったことに、私も同感です。

モビングは職場にとどまらず、もはや地域、および日本の社会全体に蔓延していると思います。

私も日々の生活の中で体験していますが、
地域の中に、陰湿な協力者が多いことに、震撼としています。

この犯罪の主体となっている組織はもはや、正気を失っているのは明白です。
罪もない対象者に対し、何故、このような卑劣な行為が出来るのか?
彼らなりの「教義」はあるのでしょうが、その精神構造は、オウム信者と同様です。
自分たちの「狂気」に気付かず、非人間的な行為を繰り返しているのです。

しかし、犯罪の実態は、社会に認知されつつあるのも確かだと思います。
被害者を「精神異常者」だとする手法は、通用しない段階に来ています。
そして、社会の「認知」は、除々に加速度を増して、浸透していくはずです。

被害を訴える者の中に、一人でも「精神異常者」ではない者がいれば、その訴えは、真実だと言わなければなりません。「真実」にはパワーがあり、卑劣な手段で覆い隠そうとしても無理です。

この組織犯罪は、必ず暴かれる日が来ます。
この日本社会の根底に流れる潮流は、「正義」ー そう信じたいと思います。


紗綾香さんの詳細なコメントは、目からウロコという時が多く、いつも感謝しつつ読んでいます。
これからも、よろしくお願い致します。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

連投をご容赦。

職場内に蔓延るモビングの実態が少しずつ露呈しはじめています。

モビングは職場内や学校の教室内だけでなく、隣近所などの地域社会においても起こりえることです。
隣近所などの地域社会における特定人物をターゲットにしたモビングの拡大版については、戦時中における非国民の扱いを考えれば判りやすくなると思います。
おそらく集団ストーカー被害は『誰か』によってターゲットが非国民のように仕立て上げられ、そしてその『誰か』によって、それに抵抗感無く加担できるよう周囲を感化洗脳しているものと看做せます。
これも種明しを考えれば、特定人物を防犯上の警戒対象人物扱いにしてしまえばいいことが判ります。
もう一つは精神障害扱い。

モビングと集団ストーカーの差異は、職場内という閉ざされた範囲に対して外部へと拡大されたものと考えることができます。
こうした外部への拡大作用として、スーパーやコンビニにおける特定商品が姿を消す、弁当屋や惣菜売り場で暫く買い続けていくと、ある日から不味く古い弁当や惣菜を売りつけるといったものがあります。
これはデパ地下の魚屋においても同じことが起こります。
いつも新鮮な蜆が、ある日から鮮度の落ちた不味い蜆になるなど。

これらは対象がよく買う商品、例えば弁当や惣菜、生鮮食品などが、ある日店から姿を消す、あるいは鮮度が落ちる、そして別な店舗で同じ商品を買い続けていく、そこでも同じことが起こる。

また、いままで買っていた店で買うことを止め、暫くしてからその店舗に行くと、消えていた商品がちゃっかりと並んでいる。
また、不味い蜆を売りつけるデパ地下の魚屋へ行き、なにも買わず地下の売り場を1周し、フェイントをかけるように出し抜けにその魚屋で蜆を買うと、今度はとても鮮度がいい、ところが店主は苦虫を噛み潰したような無愛想な顔をする。

こうしたことから、スーパーやコンビニ、デパ地下において、対象がよく買う商品を、対象が現われると『誰か』の通報により急いで商品を隠し、対象が帰ると商品を並べる、デパ地下の魚屋であれば、対象が現われると『誰か』の通報により急いで商品を隠し、変わりに鮮度の落ちた商品を並べて買わせ、対象が帰ると元の鮮度のいい商品を並べる、こういった姑息な工作を行っていることが判ります。

以上、こうした手品師たちによる姑息な妨害工作が行われることを手口暴露の一環として記憶の片隅にでも留めていただければ幸いです。

No title

「海辺の町から」を拝見しました。

モビングについては、

Googleでの モビング 職場 での検索結果 約 1,270 件

YAHOO!での モビング 職場 での検索結果 約 2,560 件

ヒット数としては少ないかも知れませんが、こうした検索から以下のサイトが出てきます。

職場いびり―アメリカの現場から
原書名:Mobbing:Emotional Abuse in the American Workplace(Davenport,Noa;Schwartz,Ruth Distler;Elliott,Gail Pursell)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4846102149.html

Molal harassment-精神への虐待行為・迫害と侮蔑意識の蔓延
http://www51.tok2.com/home/windyjuly7thair/1morahara.html

人権の広場
http://www.jinken-net.com/old/hiroba/2003/hiroba0308.html

このサイトはいずれもモビングについて書かれています。
こうしたサイトからモビングが統合失調の産物として一蹴することはできないことが判ります。
ここまでいろいろな情報が出てくれば、尚もモビングを統合失調の産物にしようとするなら、何も知らないか、知ろうとしない、あるいは都合の悪い情報に対するレッテル貼りと看做せます。
従って統合失調云々の書き込みは、妨害手段としては破綻していると言えます。

さて、「海辺の町から」を読んで思うことは、職場内でのメンタルヘルス自己診断がモビングの実態を隠蔽していく巧妙な妨害装置となっているのではないかという疑念です。

職場内のメンタルヘルスについては、その事業所と提携するメンタルヘルスサービスを提供する業者が存在しています。

さらに、以下のサイトにおいても、

An Anti-Governmental Stalking Activity Site(AGSAS)
拉致冤病のあらすじと証拠(第三版)
http://antigangstalking.join-us.jp/AGSAS_MyCase.htm

管理人が勤務していた企業と提携するメンタルヘルス系の業者についての記述がなされています。

こうした情報に触れていくと、モビングを隠蔽しその被害実態が公にならないよう、メンタルヘルスを含めた精神医療とその関連分野が、被害実態の圧殺装置としてまだまだ活用されていくだろうと予測できると同時に、
メンタルヘルスや精神医療が、モビングや集団ストーカーを請け負う闇組織の窓口になっているのではないかという疑念が生まれてきます。

このモビングを職場内から職場の外へと拡大させたものが、所謂集団ストーカーと看做すことができ、このモビングに防犯ネットワーク関連を組み合わせれば集団ストーカーが可能となることが判ります。
そしてこうしたことを追求していくと、それを可能とする『権力』といものが浮かんできます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

最新トラックバック

プロフィール

ミセスまるこ

Author:ミセスまるこ
命ある限り書き続けます。

記事のアップが遅くなってしまいました。お詫び致します。

記事をアップしようとすると、動作がフリーズするのです。異様な重さのあと、「表示できません」の画面となります。
接続診断をしても、問題はなく・・・遠隔操作による悪質な妨害だと考えています。

アップまでに何時間もかかってしまいました。それでも、私は書くのを止めることはありません。今後とも応援していただければ幸いです。


人気ブログランキングへ



<初めて御訪問の方へ>

この小説は、どの回もほぼ独立した形式になっています。繋がりがあるとしても、その回の前後だけです。でも、時間があれば(1)から読んで頂ければ嬉しく思います。そして、今後ともよろしくお願い致します。
尚、この小説は事実をもとに書かれています。


<記事の更新>
毎週木曜を予定

※この小説の舞台となっているのは下記の地域です。

福島県双葉郡富岡町本岡字本町


※上記写真の犬を見かけた方は御連絡下さいますようお願いします。今年8月に、突然、いなくなりました。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。