スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(62) 高速バスの中で ー。

D 様





今日のこの地は曇り ー。
梅雨に戻ったような空に安堵しています。
明けるのを、あれほど望んだはずなのに・・、
人の思いは、子供の手を離れた風船のように浮遊します。

でも、自然はより気まぐれ ー 、
雷の天体ショーを演出し、局地を豪雨で襲い、雹を落とし、
灼熱の陽射しで地面を焼き・・・

私は早くも、初秋の風を待ち焦がれています。





さて、D様ー。


25日(日曜日)、
私は、東京への高速バスに乗っていました・・・。
亡姉の法要に参列するためです。

義兄から、法要の知らせがあったのは、その1週間前 ー。
「そうですか・・もう10年になるんですね。」

52歳の早すぎる旅立ちでした。
私には、姉がこの世にいないことを、未だに認めたくない気持があります。
どこかに行けば会える・・・そんなところは、どこにもないと分っているのに、
出合った日を夢想する自分がいるのです。


10年目 ー 神式なので、この節目にも行ないます。
K県のY市での法要 ー Y市は亡姉の嫁ぎ先です。


義兄からの連絡で、私は高速バスを予約しました。
電車より時間が掛かりますが、低料金なのでよく利用します。

バスを予約した時点で、私は、車中で何か嫌なことがあるはず・・との予感がしました。

その理由は・・・、

この高速バスは、夫もよく利用します。
そして夫は、乗るたびに不愉快な思いをして帰って来るのでした。

隣に座った人が、携帯電話で長話を始めたり、
前の席の人が、いきなり座席を倒してきたり、
後ろの席の人たちが、大声でおしゃべりを続けたり、
斜め前に座ったオバサンたちが、チラチラと夫を見ては、顔を見合わせて笑ったり・・・。
咳をしたり鼻をかむ音が、車内に絶え間なく響いたり、
酷い腋臭の若者が隣に座ったり・・スルメをかじり出したり・・・。

「マナーが悪いのが多いんだよ。イライラして来るよ。」

また、不可解なこともありました。
「東京に着いて、携帯電話を使おうとしたら、電池が切れてるんだよ。
一晩中、充電して行ったのに有り得ないよ。不思議だよな。」

でも私は、ネット上で、その手口に関する記事を読んだことがあります。
充電してあるものを放電させる ー そのハイテク機器は、紛れもなく存在してるのです。

夫が、バスに乗るたびに感じる不愉快なこと・・・。

その嫌がらせは組織的に行なわれている ー 私は、その可能性が高いことを直感しています。
しかし、この者たちの行為の不自然さに、夫は気付きません。
偶然、乗り合わせた人たち・・・そう信じて疑がわないのです。


さて、当日 ー 。
何か嫌な思いはをするはず・・・私のその予感は当たりました。

バスに乗り込み、指定の座席に行くと・・、
その座席の肘掛けに、足を乗せている男がいました。後ろの席から、私の席にまで足を投げ出しているのです。
私がそこに立ち止まっても知らぬふり・・・。

「すみませんが。」
私は、男の顔を見て、足を指差しました。

「アッ、ここ?」
男は、初めて気付いたような顔で、足を引っ込めたのでした。
そして、意味不明な薄笑い・・・。

バスが発車しました。
車内は比較的空いていて、ほぼ、二つの席に一人が座っている状態です。

私の真後ろは、その「足投げ出し男」と、40代らしき女のカップル ー 。
この女の喋ること・・・彼女は、東京までの間、休みなく大声で話し続けるのでした。
それに合わせて、男の変な癖 ー 話の合間に「クーッ」という奇妙な声を出すのです。
喉の奥から、痰を掻き出す時の「カーッ」という、あの声です。
それが、女の話し続ける声の中に、定期的入ってくるのです。耳障りで、不快でした。

そして、車内のあちこちから頻発する咳払い ー 。
すぐ前の席からも、不自然な咳が聞こえます。

後ろの方からは、女のかん高い笑い声・・・。

私は、本を広げていたのですが、集中することが出来ませんでした。
仕方なく、本を閉じて目を瞑りました。

その途端、男の大きな笑い声 ー。

電車で来れば良かった・・・。

でも、同じ状況になることは、分かっていました。
姉の法要への小さな旅は、不快音に取り巻かれて始まったのでした。


私は、窓の外の流れる景色を、ぼんやりと見続けていました。
姉が亡くなる前の、あるエピソードを脳裏に浮かべていたのです・・・。


10年前の早春 ー。
姉は、父の見舞いに来るとの連絡をして来ました。

当時、父は、F市の病院に入院していたのです。
胆管にできた悪性腫瘍を切除するため、手術が必要でした。
しかし、どういうわけか、手術前の検査が進まず、入院が長引いていました。

良性腫瘍だから、大丈夫・・・。
私たちは、父にそう言っていたのでした。

その日 ー、
私は、姉が病院に着く頃を見計らって、当時、住んでいたF町を出発しました。
F市まで、2時間弱のドライブです。

姉が父の見舞い・・・しかし、姉自身も、入退院を繰り返していた頃でした。

姉は胃癌でした。
それと分った時には、腫瘍はすでに、リンパ腺にまで転移していました。

胃の調子が悪く、その何年も前から胃腸科に通院していたにも関わらず、そのような状態になっていたのです。

「そんなになるまで、医者か気付かないなんて・・・?」

私は、納得することが出来ませんでした。
義兄も、医者に何度も説明を求めたようです。
しかし、専門用語でうまく辻褄を合わせた話には、切り込んでいく隙はありませんでした。

姉は、医者を恨むこともなく、自分の病状を理解していました。
リンパ腫が治癒した例もあるし、希望は捨てていなかったのです。
入退院を繰り返す日々でしたが、姉は、いつも明るい雰囲気を漂わせていました。

元々が歯を食いしばり頑張る・・・というタイプではないのです。
どんなことも、サラリと受け流して乗り切る人でした。


「姉はこのところ、体調がいいみたい・・・。」
抗がん剤の治療が、うまくいっているんだろうな ー 。
私は、鼻歌を唄いながら、F市への道を走り続けました。

「あれっ、Miちゃんは、まだ着いてないの?」
私は、父の病室に入るなり、そこにいた母に訊きました。

F市内に入り、思わぬ渋滞があり、私は予定より遅れてしまったのです。
「まだ。もう着いても、いい頃なんだけどね。」

「Miは、能天気なところがあるから、また、道草でもしてるんだろ。」
父は、姉の到着を心待ちにしているくせに、のんびりした口調で言いました。

私は、父を見て、また痩せたなと思いましたが、
「お父さん、顔色がとってもいいよ。久しぶりに会う娘に、気持が弾んでいるんだね?」
「馬鹿なこと言うなよ。」
それでも、父はどこか嬉しそうでした。


結局、姉が病院に着いたのは、予定より2時間近くも過ぎた頃でした。
ベッドに半身を起こして待っていた父は、姉が着いた時には、もう横になっていました。

「ゴメン。お腹が空いちゃって、途中で、お昼をとって来たから ー。」
「お昼を・・? 一緒に食べよう思っていたのよ。」
私は、軽く腹を立てていました。

それでも ー、
姉が、病室に姿を現わすと、病室全体に、柔らかな光が満ちるのを感じていました。
緩くセットした髪、白いジャケット・・そして、水色のスカーフを首に巻いた姉は、眩しいくらい素敵でした。

起き上がろうとする父を、母が止めました。
横になったままでしたが、父は姉の来訪が嬉しくて堪らないのが、私には分りました。

外は、木々の芽が吹きかけた頃・・・。
早春の病室は、不思議な幸せに満ちていました。

私たちは、取りとめのない話に興じました。
「結局、Y市から、6時間近くも掛かっちゃたんだよね。」
義兄が言いました。

その間、姉は、下手な歌を唄い続けたと言うのです。
「それが、同じ歌なんですよ。カモメが翔んだ、カモメが翔んだって・・。
ズーッとですからね。」

姉の歌は、音痴とは言わないまでも、お世辞にも上手いとは言えません。
それを、狭い車の中で、聞かされ続けたというのですから・・・。

「止まったな ー と思うと、また、同じフレーズ・・・これには参った。」
私たちは、義兄にいたく同情したのでした。

病室に、笑い声が響きました。
ベッドの中で父も笑い・・・「災難だったなぁ」と、嬉しそうに、何度も何度も・・。


その4ヵ月半後 ー 。
姉は、逝去しました。

私が駆けつけた時、
義兄は、遺体に取りすがって号泣していました。



父を見舞った早春のあの日・・・、
姉の病状は、悪化していたのでした。

「じゃ、私たちでコーヒーでも飲んで来ようか。」
父の病室で、しばし談笑した後、姉が私を誘いました。

義兄と姉、そして私は、近くの喫茶店に行くことにしたのです。

病室を出て、病院の廊下を歩いていた時、義兄が言いました。
「実は、Miの体調が悪くて、途中で何度も、休みながら来たんだよね。」

体調が悪い・・・? 
私は立ち止まり、姉を見ました。
こんなに明るくて、元気そうなのに・・?

「このところ、ちょっと悪くなってるの。ほら・・」
姉は、首に巻いていた水色のスカーフを外しました。

私は、姉の首を見て愕然としました。
付け根の部分が、大きく腫れていたのです。
まるでコブが出来たように・・・。

「ほら、これもカツラなのよ。」
姉は、それを少しずらして見せました。

「このカツラはね。夏目雅子のお母さんがやっている『ひまわり基金』という団体で貸してくれるの。
 私の髪は、抗がん剤で抜けちゃった。」

姉は、そんな時も悲壮な感じではなく、さらりと明るいのでした。

私はショックでした。
呆然と姉の顔を見ているだけで・・・。

「大丈夫よ。間もなく別の抗がん剤を試すの。先生が、今度の薬は合うはずだって・・・。」


しかし ー 、
10年前の7月28日に、姉は眠るように逝ってしまったのです。


「パパ、足が少しむくんでいるようなの。擦ってくれる?」
その夜、義兄は、姉の足をさすり続けました。

当時、義兄は、出勤前に姉の病室に寄り、
仕事が終われば、すぐ病院に来て、遅くまで姉に付き添うという生活でした。
昼休みも時間があれば、病室を訪れたと言います。

「ありがとう、楽になった・・。疲れたでしょ? 私も眠くなった・・。」
「じゃ、明日の朝、来るから・・・。」

義兄は「おやすみ」を言い、病室を出ました。

病院から電話が入ったのは、義兄が家に帰って間もなくでした。

娘と共に、病院に駆けつけた時には、姉の脈はもうありませんでした。
姉は、眠ったまま、静かに息を引き取ったのでした・・・。


D様 ー。
私は今、あの早春の病室を思い出しています。
あの日、父の病室には「幸せ」という、柔らかな光が射していました。

父も姉も病魔を背負い、家族はその回復を悲痛なまでに願い・・・。
それでも、私たちは確かに幸せでした。


「カモメが翔んだ、カモメが翔んだ」と唄い続けて来た姉 ー 。.

あなたは、一人で生きられるのね・・・。
そんな歌詞が入る歌を、姉はどんな気持で唄っていたのだろう・・・。

そして、姉の後を追うように逝った父 ー。
その年の12月のことでした。

今頃、父は、姉の下手な歌を、繰り返し聞かされているのかも知れない。
それでも、父は嬉しそうで・・・。





**********************************************




D様 ー。
1週間ほど前のことです。
私は、居間から廊下に出るドアを拭いていました。

その時 ー、
あることに気付いて愕然としたのでした・・・。

この続きを、次回に書かせて頂きます。




猛暑は、まだまだ続くようです。
体調にはくれぐれも御留意下さいますよう ー。


                         2010・7・28
                               万 留 子






人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

ろーずまりーさんへ

コメント有難うございます。

私も、yukidarumaさんの書かれた記事を読み続けていますが、以前から、似ていると思っていました。
年齢的も同年代ですし、驚くことも多かったです。まだ、書いていないのですが、その他にも共通点はあります。それは、いずれ書きますので、読んで戴ければ幸いです。

この組織犯罪は、社会の狭間で陰湿に行なわれている犯罪ですが、徐々に、認知されてきています。
暴かれる日は、そう遠い日ではないと考えています。

この日本の社会には、様々な矛盾や不正を抱えていますが、この集団ストーカーと呼ばれる組織犯罪は、そのレベルを遥かに超える悪質・卑劣さで行なわれています。このようなことが、未来永劫隠し遂せるはずはないのです。

必ず暴かれるー私はそう信じています。

お互いの課題は違いますが、ろーずまりーさんとは、情報交換など協力し合えれば嬉しく思います。
今後とも、よろしく!

No title

こんにちは。
今回の記事を拝読させていただいて、まるこさんとyukdarumaさん、境遇がたいへん似ているように思いました。
大切なご家族を亡くした悲しみと無念さを、お察しいたします。

偶然にも、集団ストーカーの被害についても、同じような体験をされていらっしゃいます。
そのような方同士、情報交換して協力していくことは、たいへん心強いことですね。

集団ストーカー被害が、社会に広く認識されつつあるようです。
近い将来、解決されるといいですね。

No title

こんにちは。yukidarumaです。

ご返事遅くなりました。最近疲れやすいのは確かなのですが、ここ5~6日くらい前からは胸焼けもしています。深夜に寝ていても胸焼けを感じます。こんなことは初めてなんですよ。私は暴飲暴食をしても胸焼けをするタイプではなかったのですが・・。

昨日の昼間にスーパーに買出しに行きましたが途中で吐き気のような気持ちの悪さを感じ、家に引き帰そうかと思ったくらいでした。確かに体調は少し悪いようです。もしかしたらピロリ菌が胃に・・・なんて、フッと思ったりしています。そんな時はヨーグルトを食べると良い、とグーグルで検索すると出ていました。ヨーグルトって、なんだか心強い食べ物のようですね。これからはなるべく毎日ヨーグルトを食べようかなぁ、なんて思ったりしています。

今日のブログ読ませて貰いました。私も亡き姉のことは忘れたことがなく、まるこさんと同じように、またいつかあの世で会える、といつも思っております。私の姉はとにかく気丈な人でした。早死にする人には到底見えない人だっただけに、いまでも亡くなったのが信じられないような気持ちでおります。

私は姉が安楽死宣告を受けた日、姉が私に「もう帰っていいよ」と言ったので、姉に病室を出るときにこう言いました。

「私が死ぬときに迎えに来てね」・・と。姉は「うん」と頷きました・・。あの時の私の悲しみは今までに経験したことのない深い悲しみでした。その後にどんなに辛いことがあっても、あれほどの深い悲しみは味わったことがありません。それほどの衝撃的なことでした。

まるこさんのお姉さんは、ガンという病気の割には、苦しみのない大往生だったのですね。ガンの患者さんにしては珍しいような気がします・・。たった一人で亡くなったのですね。言葉が悪いかも知れませんが、もし私の姉もこのような死に方をしましたら、多分私はブログを書くことがなかったかも知れません・・。大往生だった・・と思うようにしたでしょう。人はいつか死ぬものですから・・。

私がブログを書く気になったのは、姉の死は安楽死の名の下の「殺人」だと考えているからです。この殺人行為を白日の下に晒したかったのです。みんなに考えてもらいたかったのです。どうしても許せないのです。

話しが変わりますが、住居侵入のこと、私も最初チェーンをしていたのです。そして息子が帰ったら携帯から電話をさせて玄関のカギを開ける・・。ですが、ちょっとしんどいので止めたりしていました。この方法は毎日実行するのは無理なので、新たな良い方法を思いつきまして、間もなく実行しようと思っています。

とにかく息子がネックになっているというか、ネックになるように仕向けてられているというか・・。一筋縄ではいかないのが集団ストーカーなのです。巨大な闇が背後にいるのです。これからブログを書き綴っていくなかで気がついてくだされば幸いです・・。

長くなりましたので、今日はこれで失礼致します。

テンプレート褒めて頂いて嬉しいです。実は私は若い頃からピンク・オレンジ・赤色が苦手で洋服なども着たことがありませんでした。テンプレートもどうしても好きな色のグリーン系になっていましたが、今回のテンプレートはピンク系ですが、とても気に入っております。

最新トラックバック

プロフィール

ミセスまるこ

Author:ミセスまるこ
命ある限り書き続けます。

記事のアップが遅くなってしまいました。お詫び致します。

記事をアップしようとすると、動作がフリーズするのです。異様な重さのあと、「表示できません」の画面となります。
接続診断をしても、問題はなく・・・遠隔操作による悪質な妨害だと考えています。

アップまでに何時間もかかってしまいました。それでも、私は書くのを止めることはありません。今後とも応援していただければ幸いです。


人気ブログランキングへ



<初めて御訪問の方へ>

この小説は、どの回もほぼ独立した形式になっています。繋がりがあるとしても、その回の前後だけです。でも、時間があれば(1)から読んで頂ければ嬉しく思います。そして、今後ともよろしくお願い致します。
尚、この小説は事実をもとに書かれています。


<記事の更新>
毎週木曜を予定

※この小説の舞台となっているのは下記の地域です。

福島県双葉郡富岡町本岡字本町


※上記写真の犬を見かけた方は御連絡下さいますようお願いします。今年8月に、突然、いなくなりました。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。