スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(47)

D 様




春 ー と言うには寒すぎる日が続いています。
今日もまた、灰色の空と動かない景色 ー 。
この地の桜は五分咲きほどのまま、満開への動きはありません。
花たちに流れる時は、止められたかのようです。

例年は、桜並木を歩く人で賑わう「桜祭り」も、盛り上がることなく先週終わりました。
暖かな春を待ち焦がれています・・・。



さてD様 ー 。
早速、前回予告した内容に入りたいと思います。

私は、前回の手紙で、脳内に埋め込むマイクロチップについて書きました。
このテクノロジーは、脳内に埋め込んだマイクロチップを、人工衛星にリンクさせ、
地上のスーパーコンピューターで制御していくというものです。
この技術は、すでに実用化の域に達しているようです。

(何十年も前から研究が続けられ、その間に漏れ出てくる情報、 又、その間に目ざましい進化を遂げている
 スーパーコンピューター、そしてハイテク機器・・・それらを鑑みれば、この技術は「実用化の域」に達し
 ているとの結論が妥当です。)


しかし、当局が、その技術が確立されていると認めることはありません。
このテクノロジーには、人権侵害の要素が多く含まれていますし、実験段階での被験者の人権蹂躙は明白です。

秘密裏に進められてきた研究の全容を公開すれば、さまざまな問題が噴出します。
今、このテクノロジーの存在を、公けに認めるわけにはいかないのです。

しかし、漏れ出ていく情報は防げません。インターネット上には、その情報が出回っています。
それでも尚、あくまでも空虚な否定を続けるしかないのです。
前回書いた「逆情報」ー というわけです


D様 ー 。
私は、このようなテクノロジーの情報に接すると、さらに疑問が生じてきます。
こような技術を開発する機関についてです。
特定の研究機関の他に、さまざまな企業が協力していることは想像に難くありません。

このようなハイテク分野の研究開発には、確かに企業の協力が不可欠です。
それは、一体どの企業なのでしょうか?


先日、私はこの組織犯罪の被害者で「人生いろいろあるけれど納得できない事ばかり」
ーというブログを運営されているyukidarumaさんから、あるサイトを教えていただきました。

そこには、ある大企業を告発する内容が書かれていました。
その内容は、この組織犯罪と通じるものがあり、私は興味を惹かれました。

それは9年前に、掲示板の「阿修羅」に書かれた記事です。
「電磁波によるパソコンや人への悪戯」と題されたその内容は、大手電機メーカーの○芝を告発していました。

彼は、この○芝が「電波応用技術」を開発していると訴えています。
この「電波応用技術」で以下のことが可能になると書かれています。

①家の中、ビルの中、電車、地下鉄、車、エレベーターの中などの監視盗聴。
②人の生理現象をコントロール。痛み、痒み、心肺機能、食欲、尿意・便意などの制御。
 呼吸停止にすることも可能。
③脳から直接、声を聞かせること。(音声送信)
※被験者にとってはテレパシーのように感じる。
④電気製品の制御、破壊。
 ※電子機器のスイッチON/OFF、入出力の回路の制御。
 ※パソコンのマウスをロックさせることや、画面の背景を変える事など。
⑤人の記憶を読むこと。人を無意識下で動かす。(つまり科学的に起こす催眠)
 ※思考の解析

そして記事には、
「これらはオペレータールームからの制御で、遠隔地から電波を照射することによる現象です。
 現象は、その軌跡上では起きずに、終点だけで起きます。つまり、混雑した中で、誰か一人だけに作用させることが 出来るのです」 ー との内容が書かれています。


さらに ー 、
「衛星、あるいは地上から、電波が照射されているに違いありません。
仮に衛星からなら、NASDAの衛星を、メーカー(○芝)という特権を悪用して秘密裏に使用しているのです。
時期的に見ても、用途的に見ても、それはCOMETなのではないかと思います。
ETS-8にも強い懸念を抱いて います。」
ー とも書いています。

この筆者は、この分野の知識が豊富な方のようで、該当の人工衛星まで推測しています。

彼は、○芝がこの技術開発において、重大な人権侵害をしていると訴えているのでした。
彼自身が、この「電波応用技術」により被害を受けていると・・・。

上記の告発内容は、私が前回書いた脳内のマイクロチップにより、引き起こせる現象とほぼ同じです。
システムも同じことを言っているのだと思います。

被害の詳細な内容は書かれていないのですが、垣間見える被害は、組織犯罪の被害内容と重なります。

記事には、言葉足らずの面があり、主張の根拠は示されていません。
ですから、内容が全て真実であるとの、拙速な断定はもちろん出来ません。
しかし、その告発内容からは切実さが伝わって来ます。


D様 ー 。
このようなハイテク分野の研究開発は、現在、目まぐるしい進化を続けています。
企業同士しのぎを削っているものもあるし、官民の協力体制で開発しているものあります。

確かなことは、この筆者が言うようなテクノロジーの研究には、被験者が必要であるということ・・・。
しかし、プライバシーの最深部とも言える脳内が暴露される実験に、
被験者になることを承諾する人がいるでしょうか?

それは密やかに行なわれている・・・と考えるのが妥当です。

集団ストーカーと呼ばれる組織犯罪にも、多くの企業が協力していると考えらています。
被害の内容を鑑みれば、自然にその結論が導かれます。

たとえば、パソコンの不具合を訴える被害者は多いのですが、これはテンペスト(電磁波盗聴)の技術が応用されていることが考えられます。

また思考が透視されていると感じる被害者も少なくありません。
さらに、音声送信・・・被害者だけに向けられた音声の発信です。

それは、幻聴、幻覚、有り得ないこと・・・とされて来ました。
しかし、現代のテクノロジーをもってすれば、「有り得ないこと」ではないのです。

被害者を統合失調症として、隠ぺいされ来た犯罪 ー。
誰が・・何の為に?・・・という被害者に突きつけられて来た問い ー 。
その答えの一つが「被験者」というキーワードの中に見えています。




次に、D様 ー 。
前回、予告した内容に入ります。


それは、4月7日の午後3時頃のことでした・・・。

私は、郵便局に行く用事ができました。
郵便局は、飼犬パルとの散歩コースから、少しそれたところにあります。

「パルを散歩をさせながら、行って来る。」
私は、居間にいた夫に言いました。

出かける仕度を終えて、外に出たのは3時15分頃 ー 。
私は自宅を出て、事務所の前に繋いであるパルの方に歩いて行きました。

パルが私の視界に入る前 ー 。
敷地内に二人の女性の姿が見えました。
道路の方に向かっている後ろ姿です。

「誰だろう?」

私は、歩を速めました。
二人の女性は、こちらの気配に気付いたようでした。
そして、振り向きました。

中年の小柄な女性たちでした。
あの、どなたでしょうか?・・・私は、口を開きかけました。

「犬は、今、あっちの方に行ったよ。」

私が声をかける前に、一人の方が言いました。
そして、通りの南方向を指差したのです。

「エッ?」
私は、慌てました。

急いで、道路際に出て、その女性が指差す方向を見ました。
3,40メートル先に、パルの姿が見えました。
「あんなところに・・・。」
私は、大声で名前を呼びながら、パルの方に走り出しました。

パルは、私の声に気付いたようですが、どんどん離れて行きます。
つかの間の自由・・・「捕まえないで」とでも言うように ー 。

パルは、突き当たりの角を曲がりました。姿が見えなくなりました。
もう、私の足で捕まえることは無理でした。車で追いかける他はありません。

私は歩いて家の方に戻りました。
二人の女性の姿は、もうありませんでした。
女性が指差す方を見て走り出し、戻るまではほんの1~2分のことです。

私は、通りの北側の方向や、はす向かいの病院の駐車場に視線を向けてみました。
しかし、その姿を捉えることは出来ませんでした。

あの、二人の中年女性は誰だったのだろう?
何故、うちの敷地内にいたのだろう・・?

私の脳裏に幾つかの疑問が湧いてきました。
何か、不可解・・・。

「犬はあっちの方に行ったよ。」・・・一人はそう言いました。
彼女たちは、パルが逃げるところを見たのです。

私は、女性の言葉に慌て、追いかけることだけに気を取られました。
「まず、あの二人に状況を訊くべきだった・・・。」

私は、パルを繋いでおいたロープを見ました。
それは、地面の上に不規則な3重の楕円を描いていました。
ロープの先を見ると、首輪に繋ぐ止め具は付いています。
パルが強く引っ張ったので、止め具が壊れたとか、ロープが切れた ー という痕跡ではありませんでした。

誰かが外した ー それ以外は考えられませんでした。
誰が・・・?
あの二人の女性は誰・・・?

私の頭の中に、様々な疑問やキーワードが渦巻きました。
パルは何故、吠えなかったのだろう?

パルは、知らない人が来ると、必ず吠えます。
その声は、自宅に居ても聞こえるのですが・・・パルは、吠えませんでした。

あの二人の女性は、吠えられなかった・・・。

そして、私の顔を見たとたんに、犬が行った方を指差して言った言葉 ー 。
「犬はあっちの方に行ったよ」
まるで、私が犬の散歩することを、知っていたかのようです。

混乱する私の頭の中に、4日前の出来事が浮かんで来ました。


その4日前のこと ー 。
昼、近くのことでした・・・。

私は、居間のサッシ戸を開けようとしました。
すると、東南の隣家の境界あたりに、何か落ちているのが見えました。

目を凝らすと四角形の空き缶でした。
朝、雨戸を開ける時は気付かなかった・・・。

私は、そこに置いてあるサンダルを履いて外に出ました。
見ると、「サバ塩焼き」と書かれていました。
見覚えのないものでした・・・。

朝、雨戸を開けた時は見過ごしたのだろうか・・・?
私は、拾わずにそのままにして置きました。
夫に訊いてみようと思ったのです。

夫は、間もなく外出から帰って来ました。

「これは、朝はなかったぞ。」
夫は、自分はそこを通ったのだから、間違いないと言うのです。
じゃ、いつ・・・?

その日の午前中、私は家中に掃除機をかけていました。
広くはない家ですが、奥の方にいれば、そのあたりに人が来たとしても気付きません。

夫が出かけたのは午前9時頃 ー 。
そして、私がそれを見つけたのは11時半頃でした。
その間に、缶は捨てられたことになります。

自宅の奥まったところですがら、道路から投げ入れられる距離ではありません。
20メートル位はあります。

また我が家は、地形に合わせて設計された関係で、道路側から見ると軽い「く」の字形になっています。
その観点からも、この場所に、缶を投げ入れることはまず不可能です。

投げ入れることが可能なのは、隣のアパート、南東のC家、東側のO家の3軒ですが、
勿論、このうちの1軒だとの断定は出来ません。
ほかに考えられるのは、誰かが、下宿棟の北側から敷地内に侵入し、ここに捨てたということです。

この缶詰は、犬に与えたのではないかと・・・私は漠然とそう思いました。
しかし、時間帯が不可解でした・・・なぜ、こんな時間に・・?


更に、その翌朝 ー 。
庭に出た夫が、私を呼びながら何かを指差しています。
何かが落ちていました・・・。

「なあにそれ?」
サバの空き缶・・・昨日と全く同じものでした。

今度は、東の隣家との境にある、ブロック塀のすぐ下にありました。
隣から、投げ入れたにしては不自然な位置です。
真上から塀に沿って落とさないことには、その位置にはないはずです。

「昨日の夜、誰かがそこに捨てたのよ。そうとしか考えられない。」
いつもなら、何か理屈をつけて反論する夫ですが、珍しく黙っていました。

その位置は、道路側からは死角になるところです。
夜間であれば、人の目に触れることは全くないと言ってもいいでしょう。


D様 ー 。
実は、不可解な空き缶は、これが初めてではないのです。

私の頭に浮かんだ4年前のある光景・・・。

その日 ー 。
私は、洗濯物を干し終え、裏から事務所の方に歩いて行きました。
すると、事務所前に誰かがいるのが見えました。
パルにエサをやっているようでした。

誰かしら・・・?
私は近づいて行きました。
その男は、私が歩いて行くのに気付いたようでした。

その瞬間、男は道路の方にきびすを返し、走り出したのです。
アレッ・・・私は、あっ気にとられました。
そして、小走りに道路の方に向かいました。

道路に出て、男が行った方向を見ました。
通りは一直線ですから、遠くまで見渡せます。しかし、その姿はありません。
病院の駐車場の方に視線を転じましたが、そこにも姿はありませんでした。

不思議でした・・・。
どんなに俊足でも、通りの行き当たり行くことは不可能です。
病院の駐車場にしてもそうです。

どこに行ってしまったの・・・?
私は、その逃げ足の速さに驚きました。


男が居たところに戻ると、パルが口を動かしています。
地面に犬用のビーフジャーキーが落ちていました。

犬にエサを与えていたのであれば、逃げることはないはずです。
家の人に挨拶して、犬の頭を撫でていればいいことです。

あの男は何故、逃げたのだろう・・・?

当時、私はこの組織犯罪の被害者だとの、認識はありませんでした。
だから、不可解さだけが残りました。


しかし、今は分かります。
この組織犯罪者たちにとって、犬の存在は邪魔なのです。
昼夜を問わず、様々な加害行為を行なうのですから、吠える犬はその支障となります。
手なずける為には、エサを与えることが有効なのは、言うまでもありません。

あの日、家の敷地内には車がありませんでした。
1台は夫が乗って行き、もう1台は修理に出していたのです。

いつもある2台の車がない・・・。
男は、家が留守だと思ったと推測されます。
留守のはずの家に人がいた ー 男は慌てて逃げたのでした。

あれは、この組織犯罪がエスカレートしていく前兆だった・・・そう思います。


さらに、その後 ー 。
犬小屋の近くに、空き缶が見つかるようになりました。
やはりサバ缶とか、サンマ缶などの丸い空き缶です。
誰かが、エサをやっているのは明らかでした。

私は、犬小屋の周辺に落ちている空き缶を見るたびに、拾い上げて小屋の傍に集めて置きました。
それが10個位になって以後、缶が落ちていることはなくなりました。
約1ヶ月間位のことでした・・・。



さてD様 ー 。
パルは誰が放したと思われますか?
パルが吠えない・・・つまり、パルが慣れている誰かであることは確かです。

それが誰であるにせよ、無断で敷地内に入り込み、その家の飼犬を放すなどという行為は異常だと言えます。
一体、何が目的なのでしょう?  嫌がらせ以外には考えられません。
そして、私たちに対し、その嫌がらせをする理由は何・・・?

常識の範囲内で考えれば、理由についての疑問が生じます。
しかし、この組織犯罪の被害者においては、「また・・」の一言しかありません。


犬を放された・・・警察に通報するほどのことではないかも知れません。
でも、私はあえて通報しておこうと思いました。

私が今までに受けてきた被害は、実証が難しいものばかりでした。
しかし、今回は、誰かの違法行為であることが明白です。

私は、警察署に電話をしました。

間もなく、警ら中のパトカーがやって来ました。
しかし、やって来た警察官たちは・・・。


D様ー。
この続きを次回に書きたいと思います。


この寒さはもう少し続くようです。
ご自愛下さいますよう ー 。


                                 2010.4.15    
                                       万 留 子


人気ブログランキングへ




コメントの投稿

非公開コメント

No title

まる子さん
コメントの返信遅くなりました

NHKのドキュメンタリー、私も最後の方だけちらりと見ました。「対人関係の仕事は苦手だが、特定の分野では活躍できる」という、アスペルガーの典型的なイメージ通りの説明をしていた感じでした。

私もコミュニケーション力がなく、いくつかアスペルガー症候群の特徴に当てはまります。・・・ただアスペルガーの大きな特徴である、ひとつの物事に集中してエネルギーを注ぐといった「偏執性」のようなものが私にはありません。(この辺に関する私の情報が捏造されて伝わっているようなのです)
ただ私はおかしなところが多い人間である事は確かなのです。会社で私がアスペルガーだと言われるきっかけになったいくつかの事は誤解なのですが・・・
今となっては、会社の人達にアスペルガーだと思われても、別に私にとってどうでもいいことです。ただ私に対して行われいるものが、会社の人達の認識と違うものだと何としても理解させたいだけです。
私の立場にいるのが、他の被害者の方ならば、私よりもう少しコミュニケーション能力がある方ならば、この状況を打破できる気がするのですが・・・





こんばんわ

コメント有難うございました。

いま、ご返事を書き上げて、送信の段階で数字を書き込む段階で、また消えてしまいました。ガックリです。書き直しております。

ユーチューブの件、見て頂いて有難うございます。私はいろんな被害に遭いながらも、立ち直りも早い?のか、いろんなことにチャレンジしております。

ところで、クレスンさんのブログですが、私も時々でしたが立ち寄っておりました。先ほど久しぶりに立ち寄ってみました。重要な記事があるということで、コピーしょうとしましたら、インク切れでした。明日中にはコピーしようと考えています。教えて下さり有難うございます。

私はここ2~3日、夜に熟睡できず、睡眠不足状態が続き、そのせいか体調不調でブログが書けませんでした。

今日こそブログを書くぞと決めて、犬の散歩も午前中に済ませましたが、今度は風邪の症状が出てきてしまい、今日もブログを書けませんでしたが、手作りの梅酒を飲んで、ゆっくり休養しましたので風邪の症状は消えました。明日は大丈夫と思っております。

それでは今日はこれで失礼します。今後とも宜しくお願い致します。

Re: No title

クレスンさんへ

御返信頂きまして、ありがとうございます。
確かに、少しづつの前進ですが、歩み続けることが大切だと思います。

誰もが被害者になり得るー私も、そのスタンスから社会へアピールすることは、有効だと考えています。被害者がそれぞれに、得意な方法で協力し合えれば、到達への歩幅が大きくなると思います。

クレスンさんの、今回の資料発見は大きな前進でした。
とりあえず、それぞれに乾杯しましょう!!(笑)

時には、息抜きや、楽しみも大切ですよね。

No title

ミセスまるこさん

ぼくのブログにご訪問頂きありがとうございました。。
ぼくもまるこさんのブログには度々訪問させていただいております。

ブログに掲載した資料ですが、どこからか圧力があって掲載を取りやめる自体に陥っているみたいです、そういう事実も含めて非常に重要な資料だと思っています。

>この犯罪が暴かれる日は、そう遠くないと信じています。協力し合えれば幸いです。
ぼくもそう思います、数年前から比べ、本当に沢山の人間がこの犯罪について知る事になっていると思います。

ですがまだ一般の人はこの犯罪について、やはりまだ「他人事」という意識があると思います。
しかし被害者ならわかると思いますが、これは本当に誰もが被害者になりえる犯罪だと思います。
これからはそういった事を前面にだして広報していくのが有効ではないかと考えています。

まるこさんのような文章力のある方がいるということは被害者にとって大変心強い事です。

これからも被害者同士協力して頑張っていきましょう!よろしくお願いします。

どうかよろしくお願いします

コメント欄よりお返事をどうもありがとうございました。
大変心強いつながりに心より感謝しています。

こちらへおじゃまする度に時間を忘れて夢中になって読み入っていますが、こんなばかげた犯罪が存在していけない世の中となるよう、微力ながらこれからも頑張りたいと思います。
確証はないのですが 「もうひと頑張りです」 と言い切ってしまいます^^*

どうかよろしくお願いしますm_ _m

Re: No title

あんず様

コメント有難うございます。
読者の方からのお言葉は、とても励みになります。

この日本に、かくも悪らつな者たちが、暗躍していたことには驚かざるを得ません。
この卑劣な犯罪は、日本の社会を歪めています。

しかし、この犯罪は今、徐々に社会に認知されて来ています。
この社会の潮流が「正義」である限り、いつか、暴かれ淘汰されるのは当然のことです。

あんず様も、このように様々なサイトにコメントを残すなど、
声を上げ続けて下さいますようー。

また、コメントを頂ければ嬉しく思います。
これからも、応援をよろしくお願い致します。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

最新トラックバック

プロフィール

ミセスまるこ

Author:ミセスまるこ
命ある限り書き続けます。

記事のアップが遅くなってしまいました。お詫び致します。

記事をアップしようとすると、動作がフリーズするのです。異様な重さのあと、「表示できません」の画面となります。
接続診断をしても、問題はなく・・・遠隔操作による悪質な妨害だと考えています。

アップまでに何時間もかかってしまいました。それでも、私は書くのを止めることはありません。今後とも応援していただければ幸いです。


人気ブログランキングへ



<初めて御訪問の方へ>

この小説は、どの回もほぼ独立した形式になっています。繋がりがあるとしても、その回の前後だけです。でも、時間があれば(1)から読んで頂ければ嬉しく思います。そして、今後ともよろしくお願い致します。
尚、この小説は事実をもとに書かれています。


<記事の更新>
毎週木曜を予定

※この小説の舞台となっているのは下記の地域です。

福島県双葉郡富岡町本岡字本町


※上記写真の犬を見かけた方は御連絡下さいますようお願いします。今年8月に、突然、いなくなりました。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。