スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(42)

D 様


今日のこの地は、久しぶりの好天です。
青色のスクリーンに、綿を散らしたような空が広がっています。
青色の彼方のまばゆい光は、プラチナの粉となって降り注ぎ・・・。
芽を覗かせたアジサイの枝が、時おり微風に揺れています。

早春の爽やかな一日・・・そんな日が始まろうとしています。




D様ー。

一昨日の雪は、昨日のうちに、ほとんどが解けてしまいました。
敷地内の所々に白い色を残すだけとなっています。
そんな昨日の午後ー。
残る雪の合間に白色の・・・何か異質のものが私の目に留まりました。

何だろう・・・。

私は、それに近づき目を凝らしました。
白いビニール状のもの・・・私は靴先でそれを広げてみました。

薄いゴム手袋の片方でした・・・。
手に密着させて使う医療用のものです。

なぜ、こんなものが・・・誰が落として行ったのだろう・・・?

私の脳裏に浮かんだのは、つい先日の出来事・・・夫のパジャマに付着していた血痕、
そして私のシーツの小さな血痕・・・。

医療用手袋・・・これが、いつから落ちていたのかは分かりません。
しかし、手袋の状態を見れば、そんなに以前ではなく、最近であることは確かです。

私は暫らくそこに佇み ー 暗うつ感の中で、それを見ていたのでした・・・。



さて、D様ー。

先日(3月1日)のこと ー 。
私は、ある団体の全国の各支部宛に20数通のメールを送信しました。
この組織犯罪を少しでも認知してもらおうと思ったのです。

アドレスは、ホームページに出ていたものを、貼り付ける方法でインプットしました。
内容はすべて同じもの ー 1通ずつですから、時間が掛かりました。
(私は、メールに詳しくはないので、その方法しか知らないのです。)

送信ボタンを20数回クリックし、すべての送信を完了しました・・・。


翌日 ー 。
メールの受信をチェックした私は、「アレッ・・」と思いました。
同じ内容のメールが14通も届いていたのです。
ブロバイダーからの英文のメールでした・・・。

どうにか分かったことは、メールが届かなかったということ ー 。
20数通のうち、14通が送信されなかったのです。

なぜ届かなかったのか・・・私は、プロバイダーのN社に問い合わせをしました。

お客様IDや、パスワードを聞かれました ー 。
パルワードは意味のないアルファベットの羅列で、記憶には残っていません。


(昨年5月にパスワードが何者かによって変えられていたことは、以前に書きましたが、パスワードはそのままになっ ていました。厳重に管理しておいたはずのパスワードが変更されていたことは、また、変えたとしても無駄だと思っ たのです。)


お客様IDは、ファイルに綴じておいたN社からのハガキを探しました。
そのハガキには、私のパソコンのブロバイダに関する全ての情報が書かれてます。
しかし、見つからないのです。

確かに、綴じておいたはず・・・。

N社の担当者は、生年月日などを聞いてきましたが、どういうわけかそれも一致せすに
結局、登録情報を郵送で送ってもらうことになりました。

登録情報が記載されたハガキは、翌日、速達で届きました・・・。
私は、早速、N社に連絡をしました。

担当者は、「Outlook Express」の設定を、最初からやり直すことを指示して来ました。
私は、電話で言われた通りに操作をし、設定をし直したのでした・・・。

「これで、メールの送受信は大丈夫です。」

それは分かるけど、メールが届かなかった原因は・・・?
私は、それが知りたかったのですから ー 。

私は、それを担当者に尋ねました。
「ウーン・・・パソコン自体の不具合とか・・・」

「でも、順調に送信されていた状態から、急にそんなことになるんですか?
その後も、パソコンの動作に不具合はありませんでしたよ。」

「原因はいろいろ考えられますが、ウチの方では特定は出来ないんですよね・・・」

担当者は、歯切れの悪い口調でした。

「通信部分で、外部的な妨害があったことは考えられますか? 何かスパイウエアみたいなもので覗かれて、
 送信が妨害されたとか・・・。」

「その可能性は考えられますけど、特定することは難しいです。・・・ウチでは分かりませんね。」

それ以上、話しても無駄だと思いました・・・。


さてD様 ー 。
私のパソコンは、NTTの遠隔サポートというサービスを契約しています。
これは、パソコン同士を繋いで、操作の仕方を教えてもらったり、トラブルへの対処をするというものです。

パソコンをつなぐわけですから、担当者の方に、私のパソコン画面がそのまま映し出されます。
そして、担当者の方からも、私のパソコンの操作ができる状態になります。

驚くほどのものではななく、一般化されている技術です。
この技術をもってすれば、パソコンの監視などは簡単に出来ます。

この組織犯罪の被害者は、不可解なパソコントラブルを頻繁に体験します。
不可思議な故障はもとより、マウスポイントやカーソルが勝手に動いたり、インプットした文字が突然消えたり、
またマウス操作が急に重くなったり・・・。

操作が妨害されるのです。
これは、パソコン同士が結ばれていると考えていいと思います。
不法な監視者のものと・・・。

私の場合、上記の現象のみならず、立上げ時にかかる時間の長さは、異常と言える状態です。たとえば「ワード」を操作しようと、トップ画面のアイコンをクリックしても何の反応もありません・・・。

仕方なくスタートボタンから「ワード」をクリック・・・それでも画面は開きません。
Enterキーを何度か押し・・・ようやく画面が開くまで、5分は軽く超えてしまいます。

インターネットに繋ぐ際も、まず、接続出来ない旨の表示が出ます。
接続診断ツールをクリックして、問題を検証しても接続に問題はありません・・・。

仕方なく、Enterキーを押したりして、暫らく待っていると・・・、
突然、ホームにしているグーグルの画面が出て来るのです。

インターネットに接続するたびにそんな状態になります。

更に、ネット上の被害者のサイトを訪れた際は・・・。
やはり、動作が異様に重くなったり、フリーズしてしまったり ー 。

コメントを書き入れようとすると、画面が激しく動いたり、インプットした文字が消えたり・・・。
あげくは、送信しても、コメントが表示されないことも度々です。。


ネット上の監視と妨害 ー それが出来る組織は限られています。
今、日本の監視体制は、国民の想像以上の段階に達しているはず ー 。
それはこの組織犯罪の被害者のみならず・・・と考えばければなりません。



次にD様 ー 。
前回予告した内容に入りたい思います。

先日、私はある被害女性のブログを訪問しました。
この組織犯罪に対する鋭い洞察と、歯に衣着せぬ率直な語り口・・・多くの読者に支持されています。
この犯罪についての情報も豊富で、私は最近よく訪れています。


ブログ内には動画の貼り付けもしてあるのですがー、
私は、その中の一つを観て、軽い衝撃を受けました。

それは、脳の中に見えているものを、映像化する技術でした・・・。

テレビで放送された映像なので、一般にも知られているのでしょうが、
私は初めて観たものですから驚いたのです。

それは、脳に電極を埋め込み、それをコンピュータにつないで映像化するというものです。
脳の視野を司る部分に埋められた微小なチップが、今、脳に映っている映像をコンピュータに送ります。
すると、画面にその映像が映し出されるのです。

ブログ内の動画においては、10×10の粗いビクセルでしたが、ビクセル数を増やすことは可能ですし、その技術はすでに確立されていると思われます。

その人間が、今、見ているものをパソコンにリアルに映し出される・・・。
それは、SF映画の話ではなく、現実の社会で既に開発されている技術なのでした。

歯に埋め込むレシーバー・・・私は以前、その技術について書いたことがありました。
これは10年以上も前に、実用化の段階に達している技術です。
その技術は現在、更に進化し、レシーバーはよりミクロ化されていることでしょう。

それは、歯に限らず、体内のどの部位にもインプラントが可能なはずです。
音声の受信レシーバー・・・そして、脳に映るものを映像化する電極のチップ・・・。

脳には痛覚がないとのこと ー 。
微小なチップを埋め込まれても、違和感がなく、本人は気付かない・・・有り得ないことではありません。
そして、これらの技術をもってすれば、人を操ることも可能です。

科学技術の進化は、私の想像の域を超えていました・・・。


D様 ー 。
私は、この犯罪組織が、これらの技術を応用した機器を用いている可能性は高いと考えています。

たとえば、「幻聴」を訴える被害者は少なくありません。
聞こえるはずのない物音や人の声が聞こえてくる・・・それは「統合失調症」の症状です。

その現象を訴えれば、まず「統合失調症」と診断されてしまうでしょう。
「お前は精神病だ」「病院へ行け」「薬を飲め」・・・という訳です。

しかし、そんな症状は人工的に作り出せる時代になっていました・・・。

自分でも、訳が分からないまま「統合失調症」と診断されている人がいる可能性は否定できません。
この組織犯罪の被害者意識がない場合は、有り得ることです。

この犯罪は、被害者を精神病異常者だとして、隠ぺいされて来たのですから・・・。


また、先日私は、ネット上のある記事に目を留めました。
7年ほど前に「阿修羅」の掲示板に書かれたものです。

電磁干渉波・・・私はこの言葉を初めて知りました。

この記事によれば、「それを悪用すれば、あたかもそこに人がいるように、ゴトゴト、ゴソゴソ等の擬音を、
遠く離れたところに作り出すことが出来る」というのです。

これを読んで、思い当たることがありました・・・。

私が就寝して間もなく「ガタン」とか「ゴトゴト」という音がすることがあります。
何の音だろう・・・と確認に行っても原因は分かりません。

また時間帯を問わず、天井とか、柱のあたりで「ミシッ」とか「ゴトッ」という音が、数ヶ月前から頻発しています。以前にはなかった現象です・・・。

私は、我が家のこの不審音を、「電磁干渉波」によるものと断定はしません。
音の発生源は今のところ不明 ー 。
しかし、「電磁干渉波」を用いれば、その音を人工的に作リ出せる ー それは確かな事実です。


また、この記事には赤外線探知機のことも書かれていました。
これは防犯などの目的でとっくに製品化されています。人を感知し、チャイムやブザーが鳴ったり、灯りがついたりします。電器店で売られていますから、誰でも知っていると思います。

これを、より専門的にした機器は当然あるはずです。
この犯罪組織がそれを用いれば、広範囲にターゲットの動向を探ることが可能です。

私の場合、夜中に「トイレ」起きると、必ず例の「ホーッ」が鳴ります。
こんな機器が応用されているのかも知れません・・・。

またネット上には、壁の向こうにあるもを映像化する機器の記事もありました。
厚い壁の向こうにあるもの・・・それが何であるか、壁を壊さずとも見える技術は、すでに開発されているのです。

科学技術などというものには、全くうとい私ですが、インターネットで少し検索しただけで、驚くべきハイテク機器の情報に行き当たります。

宇宙開発や兵器の技術を応用した機器は、徐々に社会に入り込んでいるのでした。
これらのハイテク機器を悪用されれば、人のプライバシーなど無いも同然です・・・。


晴れ渡り、高く澄んだ空・・・私たちは爽快感と共に見上げます。
しかし、そこにはカメラを搭載した人工衛星が浮かび、絶えずこちらを監視しています。

皇居の堀に浮かぶ鴨が、オスメスか見分けられる ー 週刊誌でそんな記事を読んだのは、遥か以前のことでした。
今、その精度はどれほど進化しているのでしょう・・・。

今まで、被害者を精神疾患者だとして隠ぺいされて来た犯罪・・・進化する科学技術と、それに対する社会の認知は、その卑劣な嘘を見抜きつつあります



D様 ー 。
今、上記した内容など、あなたはとっくに御存知なのかも知れません。
今更・・・と苦笑いなさいましたか?

でも、私が理系に弱いことは知っておられるはず・・・。
このレベルまで達したことを喜んでいらっしゃる ー そんな想像をしています。


さて、この組織犯罪と宗教法人S会との関わり ー それは、多くの被害者が訴えています。
次回は、ある「殺人事件」を通し、それを考察したいと思います。



こんな早春の爽やかな日は、あなたの笑顔が思い浮かんでなりません。
来る春があなたにとり健やかなものでありますよう ー 。
ご自愛ください。



                                            2010.3.11
                                                万 留 子



人気ブログランキングへ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 3月7日のコメントは届いておりますよ

yukidarumaさんへ

コメントが届いていて幸いでした。
私の早合点だったようです。

ところで、私が今、時々訪れる被害女性のブログですがー
「秘密裏に進められている国家プロジェクトを潰せ 」
http://ameblo.jp/azarashi5/entry-10460044804.html

このサイトも、この組織犯罪を率直に告発しています。
すでに、ご存知かも知れませんが・・・。

「目に見えない危険」は教えて頂いてから、何度も訪れるようになりました。
レベルの高いサイトだと思います。

これからも、いいサイトの情報を教えて頂ければ、嬉しく思います。

Re: こんばんは。

ローズマリーさんへ

いつも、御訪問ありがとうございます。
そして、コメントありがとうございます。

ネットやネールが、不法に監視されていることは間違いないと思います。
この国は、私たちが考えている以上に、監視社会になっているようです。
共産主義国家も顔負けです。

私ち国民は、監視している機関を、逆に監視している必要があるようです。
私たちに出来ることは、書き続けることー。
そして、多くの読者に読んでもらうことだと思います。

リンクを貼って頂いてありがとうございます。
これからも、頑張ります。

こんばんは。

もともとの原因は、お互い違うようですが、とても共通点を感じます。

実は、送信したメールが届かないということは、私も何度もあります。
ミセスまるこ様と同じように、プロバイダーからの配信できなかったという英語のメーが届いたり、日本語で受信が拒否されたと表示されたりします。
それが、友人・知人との日常的なメールやネットショッピングの事務連絡などのようなメールでは、送受信とも全く問題ないのですが、裁判とか郵便のことを書いたメールに限って上手くいかないのです。
郵便のことが書かれたメールが私宛に送信されたのですが、届いたメールが白紙だったこともあります。メールの内容を変えて再送信していただいたところ、今度は届きました。
あるキーワードでフィルタリングされている可能性があります。
場合によっては検閲されていることも考えられます。
何らかの監視が行われていることは確かでしょう。

私のブログにも書いていることですが、民営化されたばかりの郵政については、民営化前から信用できないことがたくさんあります。
そのことに気がついてからは、同様の経緯を辿ったNTTについても、疑心暗鬼にならざるを得ません。
NTTの光フレッツの勧誘の電話が頻繁にあるのですが、いつも断り利用するつもりはありません。

気がついた人が、事実をオープンにすることで、そのような不当な活動を牽制できるのではないかと思っていますので、これからも頑張ってお伝えしていきましょうね。

それから、リンクを張らせていただきます。

3月7日のコメントは届いておりますよ

今日もコメント有難うございます。

3月7日のコメントはちゃんと届いております。スカパーの件でしたよね。私もすぐにコメントの返事を書きましたが、送信した後で、スカパーの件でコメント頂いたのですから、その件のご返事をすればよかったのに、すこしピントのはずれたコメントをしてしまったようで、お恥ずかしい次第です。

私はコメントを頂いたときは、必ずすぐにご返事しております。もし、ご返事がなければコメントが届いていないとご理解ください。

今日のブログも読ませてもらいました。私も自分のブログが監視されていることや、何らかの妨害をされている事などを日々感じておりますが、何分パソコンのことは不慣れなので放置(野放し)するしかありません。

でも、盗み見されて困ることは何もないので「勝手にどうぞ」という気分です。むしろ、一人でも多くの人に私のブログを読んでもらいたいので、許容の範囲とでも言いましょうか・・。負け惜しみ?ではなく・・。

これからもブログ、頑張って書き続けます。お互いに頑張りましょう。宜しくお願いします。

最新トラックバック

プロフィール

ミセスまるこ

Author:ミセスまるこ
命ある限り書き続けます。

記事のアップが遅くなってしまいました。お詫び致します。

記事をアップしようとすると、動作がフリーズするのです。異様な重さのあと、「表示できません」の画面となります。
接続診断をしても、問題はなく・・・遠隔操作による悪質な妨害だと考えています。

アップまでに何時間もかかってしまいました。それでも、私は書くのを止めることはありません。今後とも応援していただければ幸いです。


人気ブログランキングへ



<初めて御訪問の方へ>

この小説は、どの回もほぼ独立した形式になっています。繋がりがあるとしても、その回の前後だけです。でも、時間があれば(1)から読んで頂ければ嬉しく思います。そして、今後ともよろしくお願い致します。
尚、この小説は事実をもとに書かれています。


<記事の更新>
毎週木曜を予定

※この小説の舞台となっているのは下記の地域です。

福島県双葉郡富岡町本岡字本町


※上記写真の犬を見かけた方は御連絡下さいますようお願いします。今年8月に、突然、いなくなりました。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。