スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(33)

D 様


庭に春を思わせる陽が注いでいます。
昨日までの強風は止み、木々の間を、穏やかな風が音もなく通り過ぎて行きます。
今日のこの地の空は高く清涼です。
いつもの冬の空・・・。
自然は、人間が作った暦には、無関係にその営みを休めません。
人はそれを非情に思ったり、なぐさめとしたり・・・。

それでも人は、新年の空にまばゆい輝きを見るのです・・・。



D様 ー 。
お正月はどう過ごされましたでしょうか?
私は、夫と共に、家で静かな三が日を送りました。
特に客が来るわけでもなく、出かけるわけでもなくー。
届いた年賀状を眺めたり、テレビを観たりと、のんびりとした時間の中にいたのです。


しかし・・ 。
組織犯罪者たちは、正月中も、我が家の周りでうごめいていました・・・。

例の「ホォー」という音は、年末年始も休まずに鳴り続けました。
それは、私が家の外に出ると必ず鳴ったのです。

朝、新聞を取るために外に出た時 ー 。
犬の散歩に行く時、そして帰った時 ー 。
買い物に行くために車に乗る時、帰って来た時 ー 。
猫を外に出すために、サッシ戸を開けた時、そして家の中に入れる時 ー 。
夜、犬に餌を与えるために外に出た時 ー 。
雨戸を閉める為に、戸を開けた時 ー 。
夜、寝ようとする時 ー 。
夜中にトイレに起きた時 ー 。

この陰気な「ホォー」の音は鳴り続けました・・・。

我が家の斜め筋向いに、病院がありますが、その裏手に杉の木立が茂っています。
音はその方向から発せられているようです。
以前にも書きましたが、私は最初、フクロウが鳴いているのだと思いました。
実にタイミング良く鳴くものだと・・・。

しかし、数ヶ月が経つと、さすがにその不自然さに気付きました。
注意してよく聴くと、途中で途切れるような時もあり、人口的な音なのです。

この組織犯罪の被害者は、「自分の行動に合わせて音を立てられる」と、訴える人が少なくありません。
その「音」の種類は、被害者によって違います。私の場合は、この「ホォー」というわけです。ノイズキャンペーンの顕著な例と言えるでしょう。

これは、個人や一団体などに出来ることではありません。大きな組織が絡んでいる ー と推測するのが妥当です。
そして、私の行動に合わせて鳴らすということは、我が家の至るところに盗聴器があり、また家の周りに盗撮機があることを示しています。

そしてまた、この組織がいかに仕事がないかを示しているのです。
つまり、年末年始もなく24時間体制で、ターゲットの監視を続けるのには、少なくとも5、6人は、その任務に当たらなければなりません。その他、車での尾行や、車内の盗聴、パソコンや電話・郵便など通信の監視・・・それらを含めれば、かなりの人数が関わっていることが推測できます。
これらの者たちは、組織としてするべき本来の仕事がないのです。

盗聴・盗撮・パソコン監視・・・日進月歩のハイテク機器を試用するにも、また予算を消化するにも、対象にしなけれならない犯罪者はそうはいません。
だから、何ら罪のない市民を選び、このようなシュミレーションをせざるを得ないのです。
この者たちは正月も、私を対象にその「仕事」をしたのです。
そして、全国におよぶ多くの被害者をターゲットに・・・。

年末年始もなく、「ホォー」を鳴らし続ける・・・この一例だけでも、この組織の狂気が、垣間見えると思います。

また、至るところに配置された協力者 ー この組織によって作り上げられた協力体制が、この日本のあらゆるところで、不幸を撒き散らしています。

暴力団員、ゴロツキ、チンピラ、在日の不良外国人、宗教の狂信者たち、安い報酬でどうにでも動く者たち・・・こういう低モラルな者たちを使い、何の罪もない市民を苦しめているのです。卑劣な者たちがはびこり、善良な市民が被害を受けるという、あるまじき構図になっているです。

そして、被害を訴えれば、精神異常者に仕立て上げる・・・その為に、実社会に張り巡らした協力体制のみならず、インターネット上においても、被害者を精神疾患者と思わせるための、様々な工作がなされています。
エセ被害者のエキセントリックなサイト、科学的を装い精神疾患をこじつけるサイト、被害者の訴えを揶揄し、妄想だと決め付けるサイト・・・。

しかし、被害者を精神異常者とするのは、もう限界が来ています。
ネット上では、被害者たちが、その被害を詳細に、かつ具体的に訴えています。
彼らは、被害を冷静に分析し、その背景を論理的に推測しています。これらの方たちを、精神異常者に仕立て上げようとしても無理なのです。

国民の多くは気付いているはずです。マスコミにしても、政治家にしても・・・沈黙しているのです。
しかし、その沈黙はまもなく、破られることになるでしょう。
この犯罪が暴かれる日は必ず来るのです・・・。



さて、D様 ー 。
以前にも書いた、我が家の周りの湿り気ですがー。
これは、三が日の内は乾いていました。
土の色は白いままで、通常の状態となっていたのです。

しかし、5日の朝ー。
水は撒かれていました。湿った部分の土が黒みを帯び、白と黒のまだらが出来ていたのです。
この組織犯罪の協力者たちの「仕事始め」です。

家の周りが湿っているのは、不快なものです。
しかし、水を撒く目的は、この不快感を生じさせるというものの他に、もう一つあると、私は推測しています。

それはシロアリです。
シロアリは、湿り気を帯びたところを好むという性質があります。
この組織犯罪者たちは、シロアリを床下に植えつけたのかも知れません。
そして、常に湿り気を帯びさせている・・・。
時々、羽が生えたシロアリらしきものが、家の中に入ってくることがあります。

D様、貴方ならー、
「まさか・・・そんなことまで・・」
などと、世間知らずの主婦のごとき反応は、なさらないと思います。
この組織犯罪の悪辣さは、今までの手紙の中で、充分に御理解頂いているはずです。
充分にあり得ることなのです。


∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽ ∽



前回の続きを書きたいと思います。


私が、いつも行くスーパーマーケットBは、Y町では唯一の大型店です。
一昨年までは、もう一店舗あったのですが、以前にも書いたとおり、閉店してしまいました。
人の流れを変え、商店街を寂れさせたスーパーも、売り上げが落ちればあっけなく撤退して行きます。

しかし、商店街に賑わいが戻るわけではありません。
相変わらず閑散としたままです。

スーパーでの買い物に慣れた町の人たちは、残った方のスーパーBに行くようになりました。
客が店を選べない状態になったのです。そのせいか、値段は高めです。
私は、隣町のスーパーに行くこともあるのですが、それはせいぜい週に1度くらいです。
やはり、日常的には、このスーパーBを利用しています。



さて、昨年3月のことー。

私は、いつもように、このスーパーBに行きました。
店内を巡り、必要なものを篭に入れ、レジに向かいました・・・。

私がレジに行くと、たいていの場合、客が列をなしています。
店内が、さほど混んでなくても、私がレジに向かう頃になると、客たちがレジに殺到していることが多いのです。

私は当然、少しでも早く精算したいので、早く進みそうな列を選んで並びます。
不思議なのですが、私の後に並ぶ人は、まず、いません。つまり、客たちが一挙に私の前に列を作り、その後は、レジに来る客がほとんどいないのです。

そして、手際の悪いレジ係りに、イライラさせられることになります。
レジを離れて商品の値段を確認に行ったり、
傷んでいるようだからと果物を取替えに行ったり・・・。

客の方も、商品券と現金を合わせて支払い、手間取らせたり、
財布の中の小銭に出すのに時間をかけたり・・・。

そして、やっと自分の番が来れば ー 、
レジ係りは、「お待ちください」と素っ気なく言い、一万円札を数え始めます。
そしてようやく、私の品をレジを打ち始めた時、閉まっていた隣のレジが開きます・・・。

また、二人掛かりで対応しているレジ・・・つまり、レジを打つ人と、お金の受渡しをする人が、別々に対応している場合があります。こういうレジは進むのが早いので、私は当然、その列を選びます。しかし、私の番になると、一人は行ってしまい、手際の悪い対応になってしまいます・・・。

こんなことがよくあるのです。


さて、その日・・・。
私はようやく自分の番が来て、ホッとしました。
しかし、やがて眉をしかめることになったのです。
レジの店員は、私が買った品を、放り投げるように篭に入れ始めました・・・。

普通、店員は、レジを通した品を篭に入れる時、重いものが下になるように入れます。
たとえば豆腐の上に、重い缶詰を載せることはありません。豆腐が潰れてしまいますからー。

ところが、この女店員は、レジを打つなり、品物を見もせずに、ポンポンと篭に入れるのです。コロッケが入った袋の上に大根を載せたり、ホウレン草の上に洗濯洗剤を載せたり・・・。

あまりのことに、私は注意しました。

「丁寧に扱ってください。買った品が潰れてしまいますからー。」

通常、客にこのようなことを言われれば、店員としては「すみません」とか、「分かりました」と返答するのが、常識的な対応だと思います。しかし、この店員の対応は驚くべきものでした。

「どうすればいいんですか!!」

店員は、般若のような形相で声を荒げたのです。
私は一瞬、唖然としました・・・・。
「・・・ですから、重いものを下にして、品物が潰れないように入れて下さいーと、言ってるんですけど・・。」

店員は、何の言葉もないまま、憮然とした表情でした。そして、少しは篭の中を見ながら入れ始めましたが、残りの商品はもう2、3点だけでした。

私は、自分の番が来るまで、列に並びながら、この店員がレジ打つ様子を見ていましたが、前の客までは、品物を丁寧に扱っていました。魚やおかずのパックは、レジの下に備えておくポリ袋に、改めて1つ1つ入れ、重さを考えてカゴの中に収めていたのです。
そして、代金の受渡しも必要以上に丁寧だったように思います。

私の番になって、態度が急変したのでした。


D様ー。
私が以前、この店員と何かトラブルでもあったのでは ー とお思いでしょうか?
それはありません。よく見る顔だし、レジを打って貰ったことは何度もありますが、それまでにトラブルめいたことは、何もありませんでした。

しかし、以前より気に掛かることはありました・・・。

私は、買い物の時に、レジ袋をもらわずに、このスーパーで売っている「マイ・バスケット」を使用しています。レジを通した品は、自分で袋詰めをする必要がなく、そのまま家に持って帰れますので便利なのです。

マイ・バスケットに入れた品は、レジを通したという印に、レジ係がバスケットの上に紙のテープを貼り付けてくれます。

この店員は、そのテープの貼り方がぞんざいなのです。
他の店員は、手際よくピンとした状態に貼り付けるのですが、ユルユルとだらしなく貼るのです。すぐ剥がれてしまうことも度々でした。買い物後、微かな不快感を感じることになります・・・。


また、以前、アルカリイオン水を入れる容器を買った時のことー。

我が家では、以前、水道に取り付けるタイプの製水機を使用していました。
しかし、古くなったのと、頻繁なフィルターの交換が面倒なので、取り外していたのです。
その後、ほぼ毎日行くスーパーBに、大型の製水機があることを知り、私はそれを利用することにしたのでした。

「容器を買えば、いつでもアルカリイオン水を汲んで来れるの。便利よね。明日、早速、容器を買うことにする。」
私は、夫に言いました・・・。

翌日、私は、そのポリ容器を売っている、サービスカウンターに行きました。
そこには、この店員と、若い店員の二人がいました。

「アルカリイオン水の容器を買いたいのですがー。」
私は若い店員に言いました。
「ハイ・・・。」
若い店員は、カウンター内の棚の上の方に手を伸ばして、容器を取りました。
「あれッ・・・これでいいんですか?」

若い店員は、イガリの方を見て訊きました。(イガリという名前は、買い物時に受け取るレシートの記載で知りました。歳は50才前後でしょうかー。)

「そう、それでいいの」
イガリは、若い店員に頷きました。

私は代金を支払い、それを受け取りました。

ポリ容器には消毒済みという印に、蓋の部分に黄色のテープが貼ってありました。
それを剥がして蓋をあけるのです。

私は、十字型に張られていた、その黄色のテープを剥がしました。
剥がした痕が、汚い感じで残りました・・・。
黄色が、そこに染み付いてしまっているのです。

家に帰り、洗ってみましたが取れません。
私は、容器自体に不潔感が漂っているようで気になりました。

翌日、私はそれを持って再び、サービスカウンターを訪れました。
別な店員でしたが、私は事情を話しました。

「ホントですね・・・何で、こんなものを・・・。」

その年配の店員は、すぐ取り替えてくれました。
代わりに受け取った容器のテープは綺麗にはがれ、痕は一切残りませんでした。

イガリは以前から、どこか感じの悪い店員だったのです・・・・。


そのレジでのやり取りの後、私はそのイガリが担当するレジには、並ばないようにしました。
その列が空いていても、別のレジを選ぶようにしたのです。

しかし、この女店員は、不思議と私の目に留まるところに姿を現すのです。

たとえば、イオン水の容器を持って製水機のコーナーに行くと、そこにいます。
何か片付けている素振りをしていますが、私が近づくと薄笑いを浮かべながら離れて行きます。

また、レジを通した品を、袋詰め用の台に置こうとした時 ー そこにいるのです。
何度もありました。台の下を整理しているような素振りですが、口元に薄笑いを浮かべ、どこか不自然なのです。

更に、レジを打ち終わり、カートにバスケットを載せて歩き始めると、すぐ目の前を横切ります。
薄笑いを浮かべながら・・・。

D様 ー 。
スーパーの店員なのだから、店内のいろんな所で見かけるのは、当然のことだと思われたことでしょう。
確かにその通りです。
しかし、その頻度が不自然なのです。そして、その時の表情もまた・・・。

何よりも、レジでの対応、イオン水の容器の件・・・これらには、明らかに悪意が感じられないでしょうか ー 。

この小さな原子力の町には、協力者が至るところにいるようです。
私は、このスーパーBには、店長クラスを含め少なくとも7,8人の協力者がいると実感しています。
考えれば憂うつにならざるを得ません・・・。




さて、一昨年の12月のことー。
その日、夫は1泊であるところに出かけました。
その夜、私は家に一人でいました・・・。

D様、この続きを、次回の手紙に書かせて戴きます。


日本列島を寒波が包んでいるとのこと、
寒い日々の中、体調を崩されませんよう ー 。


                                                     2010.1.7 
                                                        万 留 子                                                                                                                                                                                        

人気ブログランキングへ


コメントの投稿

非公開コメント

「ホォー」は今、私の部屋に来ています

ミセスまるこ 様

「ホォー」は4ヵ月ほど前から、私の真下の部屋でも発生しています。
入居してすぐに真下は工作員のアジトになりました。

トイレに入るとホォー
シャワーを止るとホォー
着替え始めるとホォー
食事中もホォー
玄関で犬の足を拭いているとホォー
ミセスまるこ様のブログを読んでいる最中もホォー

kingfisher様のお宅でも発生していたということは、パターン化されているのかもしれません。
私が住んでいるのは北海道ですから(笑)

Re: Re: Re: 「ホォー」という音声

kingfisher様

ノイズキャンペーンの手法は、ターゲットにより変えているのですね。
その音も様々な種類があるのでしょう。

kingifisherさんの奥様も、この音を聞いておられたとは・・・。
多くの被害者の中には、同様の方がもっといるのではーと思います。
私の場合、この「ホォー」が、行動を起こす度に聞こえてきます。

今後も、情報を共有できれば嬉しく思います。
よろしく、お願いします。

Re: 「ホォー」という音声

ミセスまるこ 様

私は勤めで家に居らず、この音声はあまり聞くことは有りませんでした。
前のコメント投稿後に妻に確認したら状況が異なっていましたので、訂正させて頂きます。

被害顕在化後も暫く、妻が窓を開けた時のタイミングでの発生を認識しており、ノイズキャンペーンの一環であることを理解させらていたようです。

差し支えなければ、前の投稿を消去をお願いします。

KF

Re: No title

紗綾香さんへ

いつの詳細な情報をともなうコメントを戴きまして、有難うございます。
この組織犯罪に対する、紗綾香さんの知識の深さには、いつも感嘆しています。

この犯罪の多くの被害者が今、ネット上でその被害を訴えていますし、リーダー格の被害者により、その手口は、類型成されている段階に来ていると思います。
紗綾香さんも、そのお一人です。豊富な知識をもち、冷静にこの組織犯罪を分析しておられます。


>手口は全てバラす
> これは集団ストーカー犯罪活動を破壊していく有効な手段と思います。

まったく同感です。
被害者は自分の被害内容を、あらゆる手段をもって、詳細に公表していく必要があると思います。現在、ネット上でそういう方が多いのは心強いことです。


私は、この犯罪が社会に認知される日は、そう遠い日ではないと信じます。
これからも、応援頂ければ嬉しく思います。



No title

年末年始もなく24時間体制で、ターゲットの監視を続けるのには、少なくとも5、6人は、その任務に当たらなければなりません。その他、車での尾行や、車内の盗聴、パソコンや電話・郵便など通信の監視・・・それらを含めれば、かなりの人数が関わっていることが推測できます。

これを可能とするには集団ストーカー被害者の近辺にアジト化されている家屋または居室があるはずです。

集合住宅であれば被害者の居室を中心として、その上下両サイドがアジト化されます。

戸建ての場合も、至近距離にある家屋、アパートの居室などが考えられます。

これは近隣を注意深く観察すれば、どこがアジト化されているかはすぐに判るはずです。

アジト化される場合に示す特徴は、

 ■最近引越しが行われた空室の近隣家屋または居室
 ■見慣れない人物が出入りし始めた近隣家屋または居室
 ■最近引っ越してきた近隣家屋または居室

など。
アジト化されている家屋や居室は生活感がありませんし、同一家屋たは居室に複数の人物らが入れ替わり立ち代り出入りしますから、すぐに判ると思います。

スーパーマーケットに関する不審な出来事は何年も前からネット上で取り上げられています。
その一例として、

【レジスターでの活動】
■他のレジが空いているにも関わらず、わざわざ対象の真後ろに並びこんでくる。
■対象の購入した商品を調べるかのように凝視する。
■店員による不審なレシート。
 わざと違える、買いもしない商品がカウントされる、意味不明の商品名がカウントされている

【店内での活動】
■商品棚に先周りするかのように立っている。
■買い物をする振りをしては商品棚をうろつく
■携帯電話で話しながら店内を追跡
■携帯電話で話しながら商品棚をうろつく
■対象に接近して背後から買い物籠に別な商品を入れる、摩り替える。
■警備員が対象を監視する
■警備員が対象の周囲をうろつく

【店員の態度】
■愛想が悪くなる
■商品の扱いがぞんざいになる
■どこか不自然な挙動を示す

こうしたことは、店内防犯カメラを通じてなんらかの工作活動が行われているものと推定できます。
店内防犯カメラは店内の置くにある防犯員が控えるモニター画像に繋がっているでしょうから、モニター画像を見ている『誰か』が店内の工作員らに指示を出していると考えるのが妥当でしょう。

こうした集団ストーカー被害の多くに『防犯活動』との極めて密接な関連性が見られることから、
被害者が防犯上の警戒対象人物に仕立て上げられている疑いが濃厚となります。
そうであれば、店舗関係者に対象が警戒対象人物であることを吹き込むだけで、集団ストーカー活動に簡単に加担させていくことが出来るはずです。
この場合、吹き込みを行う『誰か』が社会的影響力をチラつかせれば効果は絶大なものとなるはずです。
例えば、所轄の警察情報を装うか、所轄の私服警察官(例えば生活安全課)による風評工作であれば、誰も疑わずに信じ込むはずです。

人間というのは周囲の評価を気にしたり、判断材料にする傾向が著しく大きいからです。
ましてや社会人ともなればこのような評価を無視できないはずです。
そうした人間の傾向に漬け込んで風評工作を行えば、周囲の人々を簡単に感化洗脳できるでしょう。

しかし、こうした集団ストーカーの手口もバレはじめてきています。
そう簡単に風評工作による周囲の感化洗脳はできなくなるでしょう。

     ★手口は全てバラす。

これは集団ストーカー犯罪活動を破壊していく有効な手段と思います。

Re: No title

> 『朝鮮進駐軍』について知って下さい

早速、アドレスページに訪問させて戴きました。
戦後の歴史は、私の場合、学校では教わりませんでした。
この一例を知るだけでも、現在の社会システムを、理解し易くなると思います。

協力させて戴きます。

No title

『朝鮮進駐軍』について知って下さい

今日本で起っている大変なことの意味がすべて分かります

http://www.youtube.com/watch?v=uyMLaVq4ez0 

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-748.html

そしてできたらどうか拡散して下さい

最新トラックバック

プロフィール

ミセスまるこ

Author:ミセスまるこ
命ある限り書き続けます。

記事のアップが遅くなってしまいました。お詫び致します。

記事をアップしようとすると、動作がフリーズするのです。異様な重さのあと、「表示できません」の画面となります。
接続診断をしても、問題はなく・・・遠隔操作による悪質な妨害だと考えています。

アップまでに何時間もかかってしまいました。それでも、私は書くのを止めることはありません。今後とも応援していただければ幸いです。


人気ブログランキングへ



<初めて御訪問の方へ>

この小説は、どの回もほぼ独立した形式になっています。繋がりがあるとしても、その回の前後だけです。でも、時間があれば(1)から読んで頂ければ嬉しく思います。そして、今後ともよろしくお願い致します。
尚、この小説は事実をもとに書かれています。


<記事の更新>
毎週木曜を予定

※この小説の舞台となっているのは下記の地域です。

福島県双葉郡富岡町本岡字本町


※上記写真の犬を見かけた方は御連絡下さいますようお願いします。今年8月に、突然、いなくなりました。

最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。